株式会社 環境技術センター > アスベスト調査
アスベスト検査(含有・粉じん)

I . アスベスト含有試験(定性・定量)

 アスベスト分析調査の方法として、厚生労働省から平成20年2月6日基安化発第0206003号
「石綿障害予防規則第3条第2項の規定による石綿等の使用の有無の分析調査の徹底につい て」の通達により、従来(厚生労働省通達平成18年8月21日基安化発第0821001号「建材中の 石綿含有率の分析方法に係る留意事項について」)の3種類から新たに3種類が追加され、 6種類の石綿を分析調査することとなりました。
(名称:クリソタイル、アモサイト、クロシドライト、トレモライト、アンソフィライト、アクチノライト)
 当社ではJIS A 1481「建材製品中のアスベスト含有率測定方法」に則り、規制対象となる0.1% を超えて含有するか否かについて精度の高い分析を実施しております。



分析項目 分析方法 適用法令

定性・定量分析

アスベストが何%含まれているかの検査

位相差顕微鏡による分散染色法及びエックス線回折法

平成20年2月6日付基発
第0206003号

(JIS A 1481)

 

II. 気中石綿粉じん(気中アスベスト)測定

気中石綿粉じん濃度は、
(1) 取り扱い及び製造作業場内の作業環境測定
(2) 吹付石綿等が使用された建築物室内の石綿粉じん濃度測定
(3) 石綿製造事業所、処理作業場の敷地境界における測定
に対応しております。
 また、石綿処理工事における気中石綿粉じん濃度については「公共建築改修工事標準仕様書」に
準拠した測定に対応しております。



測定項目 測定目的 測定法
作業環境測定 取り扱い及び製造作業場内(単位作業場所)の
作業環境測定
労働安全衛生法
建築物室内 吹き付け石綿等が使用された建築物室内の
石綿粉じん濃度測定
(社)日本石綿協会法
敷地境界線 石綿製造事業所、処理作業場の敷地境界線の
石綿粉じん濃度測定
大気汚染防止法

asubesuto