株式会社 環境技術センター > 室内遮音性能測定
室内遮音性能測定

当社では着工前の騒音測定や竣工時における遮音性能試験等を承っております。

1)空気音遮断性能試験

2)床衝撃音遮断性能試験

3)室内騒音レベル測定

4)その他騒音、振動測定

 精算時での音に関する仕様は、抽象的な表現が多く見られます。
 音響に関するマニュアルを定めている施主もありますが、質疑応答時で内容を具体的に
 確認されることをお勧めします。




1) となりの家(マンション住戸)の話し声やテレビの音が聞こえる。

 建物内の戸境の2室間、通路と居室間等、界壁や界床を介した遮音性能の測定。
 室間平均音圧レベル差『D等級』を測定します。
 音源側にスピーカーを置き大音量で広帯域雑音を発生させ、音源室の音の大きさから受音室の音の大きさを差し引いた差を求め、D等級曲線にプロットして評価します。
【適応規格】  建築物の現場における音圧レベルの差の測定方法(日本建築学会推奨測定規定)
 建築物の空気音遮断性能の測定方法(JIS A 1417)




2) 上階の家(マンション住戸)で歩く音や物を落とす音が気になる。

 建物内の上下2室間、上階通路やバルコニーと
階下居室間の界床(天井を含む)を介した床衝撃音
に対する遮音性能の測定。
 床衝撃音レベル『L等級』を測定します。
 上の階に標準床衝撃発生装置を置き、床を打撃したときの音の大きさを下階受音室で測定し、L等級曲線にプロットして評価します。
 L等級には、二種類あり、コツン!コツン!と軽くて硬いスプーンのような物を落とした音やハイヒールでの歩行想定した軽量床衝撃音(LL:Level Light)と、ドスン!ドスン!と子供が飛び跳ねるような音を想定した重量床衝撃音

【適用規格】  建築物の現場における床衝撃音の測定方法(日本建築学会推進測定規定)
 建築物の床衝撃音遮断性能の測定方法(JIS A 1418)第1部・第2部




3) 外からの音がうるさい。

 現実の自動車や電車等の環境騒音による室内騒音の 静謐性能を測定。
 室内音圧レベル『N等級』または、 室内「騒音レベル等級」を測定します。
 外周壁開口部を介して進入する外部からの環境騒音を室内(受音室)で音の大きさを測定し、N等級曲線にプロットして評価します。または、人の聴覚に補正したA特性騒音レベルを測定し、その値から騒音レベル等級
で評価します。

【適用規格】  建築物の現場における内外音圧レベル差の測定方法(日本建築学会推奨測定規定)
 建築物の空気音遮断性能お測定方法(JIS A 1417)
 環境騒音の表示・測定方法(JIS Z 8731)




4) 建物内の設備機器の音が気になる。

 住棟内(共用・専用)の設備・機会稼働、生活活動により発生する透過音・固体伝搬音を、実作道または、疑似的に発生させ、発生源と受音室で同時測定。
 対象音発生(作動)時と停止時を継続して計測。

【適用規格】  建築物の現場における内外音圧レベル差の測定方法(日本建築学会推奨測定規定)
 建築物の空気音遮断性能お測定方法(JIS A 1417)
 環境騒音の表示・測定方法(JIS Z 8731)