株式会社 環境技術センター > その他各種検査
その他各種検査

お客様からのご依頼により、低コストで的確な調査法を提案させていただきます。

Ⅰ.臭気・発生ガス分析



○ チャンバー法
 自社製チャンバー内で試料の加熱を行い空気や不活性ガスで発生したガスを吸着剤に吸着させ、その後溶媒抽出後GC/MSにより分析を行います。
○ パージ&トラップ法
 パージ&トラップ装置内で直接試料を加熱し、発生したガスを冷却後に吸着剤に一旦トラップします。トラップされた発生ガスをGC/MSにて分析を行います。 発生ガス全量をGC/MSに導入することが可能であるため高感度分析が期待出来ます。
○ チャンバー法+パージ&トラップ法
 パージ&トラップ装置内には入れることのできない大きさの試料からの発生ガス分析を行います。
チャンバー装置
チャンバー装置


パージ&トラップ装置
パージ&トラップ装置

Ⅱ.熱分解GC/MS分析



○ 熱分解-GC/MS法
 固体に瞬間的に高温(500℃以上)与え熱による分解ガスを生成させGC/MSで分析を行う。
溶媒に溶解しにくい試料の分析に適しています。
○ 熱分解/Me化-GC/MS法
 極性の高い化合物の熱分解GC/MS分析に適した方法で、
試料の熱分解と同時に生成した分解ガスをメチル化し分析を行います。

熱分解装置
熱分解装置


Ⅲ.分取



○ 分取(ポリマー等)
 合成物中の不純物の分離や除去、高分子添加物剤の確認に
適しています。
○ 分取(天然物等)(Crude→Pure)
 天然物等に含まれている有効成分等の確認、構造解析、
生物試験用試料の作成に適しています。また、分取物の
IR測定やNMR測定にも対応致します。
○ 粗分離(単離前の前処理)
 共雑物が多く含まれている試料のためのカラムクロマトグラフィー
による粗分離が有効です。TLC用試料の調整や、分取用試料の
調整に適しています。

分散装置
分取装置

Ⅳ.分子量分布測定



○ 分子量分布測定
 分子量の分布を求めることにより樹脂の物理的性質を推定するのに役立ちます。
Mn,Mw、微分分子量分布曲線の測定を行います。但し、試料がクロロホルムもしくはTHF可溶である事が必要です。

Ⅴ.残留農薬分析(ポジティブリスト制対応)



○ 食品や食品原料中の残留農薬分析
 平成15年法律第55号、(平成15年5月30日)「食品衛生法等の一部を改正する法律」、 いわゆるポジティブリスト制に適合した残留農薬352成分のスクリーニングです。
【その他最近の調査事例】

 タイル剥離原因調査
 博物館建材の放散量調査
 庭先のペースト状異物調査
 建材の変色原因調査
 ピット槽の浮遊物調査
 病院内異臭調査
 ピット水浄化方法のコンサルタント
 医療用ゴムの劣化原因調査
 建設残土処理に伴うコンサルタント